怪獣peco便り

デビルと呼ばれたのセッターの赤ちゃんが箕面からやってきた

すこし長いお話。

6月16日の記事で
「新たな問題が」と書きました。
何かと言うと、動物病院で
耳の中に異物が入っている事が判明しました。

ペコが耳を掻いて掻いて耳垢も凄いので
先生に診て頂いた。

取り出しは難しく、
水を入れてブルブルしても出ません。

「麻酔をして取り出すしかないです。」

という先生の無慈悲なお言葉。(T ^ T)

怪我の手術から短期間で麻酔って
なぜ、怪我の手術の時に
耳の中も見てくれなかったのー


って無理な話だわ。



怪我の傷具合によっては
再手術が必要と言われていたので
傷の様子を見ながら耳は様子見としました。

気になるなー、
あー気になる。

ペコの耳、どうなっちゃうのかな。

獣医さんが診るのと違って
自宅では
ペコはデローーーンと安心して寝てるので
ペコの耳に太いストロー
(スルージーを飲むような太いやつ)
を突っ込んで
ライトを当てて中を覗くと

あーーっ、あったゎ‥‥😭

取れるかな?取れそうだ。
ピンセット入れてみるが

無理だった。




1リットルの耳洗浄液買ってあったので
ちょっと勢いよく入れてみる。

ブルブルした。

どうなったかな、
もう一度耳の中覗きたいけど
嫌がって見せてくれない。


後日、動物病院で半分抜糸した時に
もう一度洗浄して中を診て頂いた。

なんと異物がなくなっていましたとさ😊


めでたしめでたし、
おかぁさんのお手柄だな。たぶん。

あっ、傷の再手術はしない予定です。
まだ先生と相談してないけどね。
そのくらい傷跡は小さくなったんですよ😊