怪獣peco便り

デビルと呼ばれたのセッターの赤ちゃんが箕面からやってきた

再会③

午後2時前だったと思う。

「センターに居るので
お迎えに来てください。」

ヽ( ゚д゚ )ノ ぅぉぉぉー

目撃された場所と「基地」の中間位にある
川の近くにいた私たち。



行こう、レオ。
カイとペコ いたって。

あーー、よかった。
本当によかった。
何処にいたのかな。
怪我してないかな。
お腹空いてるだろうな。

センターはレオを見に行って一回。
レオを引き取りに行って二回。

ブリタニーのチビ太を引き取りに行って三回。

そして、約6年ぶり四回目は
カイとペコのお迎えとなりました。

スマホのナビが知らない道を指示するから
何だか遠く感じるよ。


センターに到着した。


いた。

よかった。


手続きがあるから待っててね。


職員さんに説教されてお詫びとお礼。
返還手数料を支払って終了。

2匹は大きな道路のガードレールの下で
重なるように伏せていたそうです。
全く動かなかったので
まず、カイを抱き上げて車に乗せたら
ペコは自分から飛び乗ったそうです。

ずっと藪の中にいると思ってたのに
道路に出てくるなんて!!!
無事に戻って来たのは奇跡なのかもしれない。

お話を聞いて2匹と再会。
約、22時間ぶり。
ドブ臭かったけどギューっと抱きしめた。


もう少しつづく。