怪獣peco便り

デビルと呼ばれたのセッターの赤ちゃんが箕面からやってきた

雨の日の出来事の続き。②

雨の降った日、
私たちが「基地」と呼んでいる場所から
「よし、ゴー!」の合図で
駆け出すペコとカイ。

何回か繰り返して、
お水を飲んで休憩をして

1匹づつのリードをかけ直すときに
隙を見て2匹で楽しげに走り出してしまいました。

いつもなら‥‥‥

基地に戻るのに

いつもなら‥‥‥

暗くなる頃には戻るのに

戻りませんでした。


深夜まで雨の中探しましたがいません、
戻りません。


レオ、疲れたね
一回帰ろう。

家にはぷりぉも待ってる
ぷりぉはご飯をガマン出来ない。



(ぷりぉ、かわいい 7.4kg)

夜のご飯が深夜になっちゃったね
ゴメンねみんな

レオはご飯をあまり食べない。








翌朝早朝から探し回りましたが
やはりカイとペコの気配が無い。

朝、7時を回り
住んでる管轄の警察署に電話。
お散歩している場所の管轄の警察署に電話。

8時半を過ぎて管轄の動物愛護センターに電話。
その後保健所に電話。

朝の雨で濡れたかぁたんはいつの間にか乾いたよ。
疲れたなー、あー、心配だなー。

心配で心配で本当に後悔した。

「基地」に毛布とおやつを置いた。

あんまり疲れたので
レオと「基地」で毛布の上に座り込んだ。
レオはおやつを食べた。

その時電話が鳴った。
たしか11時半頃。

市外局番。何処からかな?


◯◯△△センターです。

Σ(゚д゚lll) !!!



少し前に役所に犬の情報が入ったとの事。

「ピンクの首輪をした
白いポインターのような犬がいる。」

ペコだ

場所は◯×△◻︎から自宅のある方向に向かったらしい。

取り敢えず車で向かう。
でも何処?何処ーーーー!!!

目撃の場所は一度も行った事が無いところ。
大きな川を越えた。
海からなら越えられるな。

全く見当が付かないよ。
SNSか、人海戦術か?

基地に戻る時に通りそうな場所で捜索。
でも見つからない。


そんな時、又 ◯◯△△センターから電話。

「センターに居るので
お迎えに来てください。」



つづく