怪獣peco便り

デビルと呼ばれたのセッターの赤ちゃんが箕面からやってきた

1月14日、カイ5歳になる。

わが家のカイ君は1月14日生まれ。
5歳になりました。

カイは廃業ブリーダーさんからの譲渡犬。

わぁ、かわいい❤️

こんなに小さかった

小さい時から野原で遊んでます

ブリタニースパニエルのチビ太がいる



こんなに小さい可愛いカイを
我が家に託してくれた犬舎様には
感謝しかありません。
何時間もかけて関西圏から関東圏に
車で連れて来て下さいました。

5歳、29kg。
大きくなりました。



左がカイ、右が一緒に生まれたラムちゃん

ラムちゃんはとってもしなやかで可愛い女の子。
でも寝顔はそっくりだ。


左はまさお君。右上カイ、右下ラムちゃん

ちょっとづつ似てて、ちょっと違う😊

他の何処かにいる兄妹犬もみんなおめでとう㊗️

ぷりぉ病院へ。

先日、ぷりぉのお腹に
何かしこりがあるのを発見しました。

毎日お腹をむにゅむにゅしてるのに
気がつかなかった。

気付いてからはもう気になって気になって
居ても立っても居られません。

わが家が通う動物病院は予約制で
すぐに電話。
翌日の早い時間に予約が取れました。


でっかいぷりぉ。
ぷりぉを抑える先生の手が‥‥
小さく見える‥‥


なんと7.98kg

でっかいねー😊

検査の結果は脂肪腫である可能性が高い。
との事。
とりあえず一安心です。
よかったー。



そして、この日、この病院に通って
てか、この辺りで
初めてセッターに会いました!!

ボンちゃん。
男の子。

これからも宜しくね😊

新年。

新年を迎えました。
今年もよろしくお願い致します。



元旦8時頃に
カイペコ兄妹のママたちの
グループLINEで新年の挨拶を交わした。
兄妹のお兄ちゃんのドロンくんママが
昨日の夕方から具合が悪く
今から病院に行くとメッセージ。

程なく亡くなったと連絡が来た。







まだ若くたくましい大きなセッター。
美しい柄で手足も大きい。
でもビビり。
愛らしい性格で誰からも愛されました。

あのかわいい子が
もうこの世にいないなんて

ママさんの気持ちを思うと
本当に辛いです。

ドロンちゃん。
きょうで7日。

どこか痛かったの?
ドロンくんの体に何があったの?

でももう痛くないね。

1月4日、14時にお空に昇って行った。
綺麗な青空だった。

お空には
うちのブリタニーのチビ太も
Mダックスのロロもいるので仲良くしてね

ドロンちゃん、
ドロンちゃん、

どうか安らかに。

ママさん、本当にお悔やみ申し上げます。



買っちゃった。

みんな付けてるあこがれの(?)首輪。
以前Amazonで買ったのとはちょっと違う
持った感じもとってもいい❤️

わが家のペコたんはとっても可愛いので
ペコたんに装着する事にけってーい、イェーイ👍

似合うかな。

藪の中を疾走するカイとペコ。

鈴を付けて
とっても快適にお散歩してましたが、
セットしてると音がしないし、
遠くに行っちゃうと聞こえない😭

度々困った事があったので
買っちゃった。

今は呼び戻しが悪い時、
一瞬音を出してます。

初めて手にする高級品の取説は英語😵
久々にPC開いてGoogle翻訳で教えて頂きました。
有難うPC!
有難うGoogle翻訳!
有難うDogtra!

事の顛末。

続き。

ぷりぉのお風呂はとっても順調で、
どんな動作もゆっくりなので
シャワーからも逃げられません😄。
たっぷり付いた💩もキレイさっぱり✨

毛量が多いので
乾くのは時間が掛かったけど
なんという事でしょう✨
乾いたらフワフワのサラサラです❤️

うゎぁぁぁ〜ん、なんて可愛いんでしょう💕

そこへやって来たこのお方、

にょんにょん。
(写真は本文とは関係ありません)

「プギャーーーーε٩(๑ÒдÓ๑)۶з 💢」

見るたび、接触するたび怒ってる。笑

めっちゃ怒って3日過ぎました。

で、

やっとここまで。
でもあっちとこっち向いてる。笑

面白い事はこの事でした。

にょんにょんに怒られてる間も
ぷりぉはこんな風に
ペコとねんねしたり

わたしの布団の中でねんねしたり

とマイペースでした。

ここ数日の記録。

えっと‥‥
(わたし的に)面白いことがあったので
記録します。

11月25日、
ペコの耳治療のため動物病院へ。

ペコの耳は異物が入っていて
炎症と痒みを繰り返します。
一週間ほど前に病院に行きましたが
内耳が腫れているため
飲み薬と点耳薬で腫れを取りました。

「ヘヘッ、また病院ですぜ」

ちなみに21.26kg。

ペコは麻酔をかけて12月3日に
耳の異物を取り出します。

※面白い事はコレではありません。

我が家のワンコはお留守番ができないので
いつも一緒に出かけます。
この日も皆でお出かけし
帰宅すると大変なことがおきてました😵

ぷりぉ、かわいいぷりぉ❤️

ぷりぉがとんでもない所で💩
オマケにゲリ💩
お尻にたっぷり💩付けて😭
(写真は本文とは関係ありません)

※面白い事はコレではありません。

ぷりぉは長毛猫なのにブラシが嫌い。
ぷりぉに嫌われたくないので
お風呂にはここ数年入っていないが
今日は洗わずにはいられない


で、洗った。

心配とはほど遠く、
ぷりぉはそんなに抗うこともなく
洗うことが出来ました。

※面白い事はコレでもありません。

続く

レオのイボ物語。その3 完

レオのイボは裾が大きいので
糸を巻いても取れない事もある。
と動物病院で言われたけど
まったく治らないレオのイボに
再チャレンジする事にしました。

大きな塊となった瘡蓋を剥がすと
やっぱりピンク色した
花のように割れた生肉が現れる。
裾が広いから糸を巻くのも大変で
3回グルグルと糸を巻いた。
最後に思いっきり糸を引っ張ると
いつも出血している真ん中から
何かニュルルっと出てきた。
糸を縛り、出てきたものを拭き取って
粉の抗生剤を振りかけて絆創膏を貼った。

糸を巻いても変わらず血は出るし、
瘡蓋が出来る。
瘡蓋剥がして抗生剤つけてを
何回か繰り返した。




あら、
あらら


取れたーーー!
♪\( ˆoˆ)/\(ˆoˆ )/\( ˆoˆ)/♪

糸を巻いて2ヶ月近く。
こんな日が来るなんて。
本当にびっくり。
本当に嬉しい。
本当に良かった。


あぁ、レオ、かわいい。

これで一年続いたレオのイボ物語はおしまい。

麻酔をしての手術を選ばなかったから
治るまで長引いたけど
きっとこれで良かったんだと思いたい。